CONCEPT

  文京区根津に新規OPEN! 

2017年5月9日、上野公園・動物園・美術館、不忍池(しのばずのいけ)、根津駅からも近い場所(文京区根津2丁目2-1)に「NC(ナチュラルカレーレストラン)カレー」を新規オープンしました。国内外、幅広い年齢層の方々に喜んで頂けるような独自のヘルシーカレーセットを提供します。

NCカレーのコンセプト ■

美味しいカレーを食べながら健康体を得られる方法を長年考え続けて来ました。最終的に着眼したのが栄養価に富み、噛む習慣にもつながる玄米(有機栽培)、そして豆苗入り野菜炒め、みそ汁、無糖ヨーグルトとカレーの組み合わせです。ユネスコで無形文化遺産登録されている“和食文化”的な独自のカレーセットです。義歯でも食べ物をよく噛む食習慣は認知症予防に有効との研究報告もあります。なお、食後の血糖値上昇が緩やかな点も玄米食のメリットの一つです。

カレーと玄米食融合による栄養バランスの良い食習慣、加えて日々各人がマイペースで歩く習慣を奨励する健康システムを世に広め、健康寿命を延ばし、介護の要らない、元気なお年寄りが増えてくれることがNCカレーの夢です。医食同源(Food is medicine)、そして日々歩くこと(歩きスマホで下ばかり見ずに、時には坂本九ちゃんのように♪上を向いて歩こう♫)を大切にしたいものです。なお、店主は店まで往復3時間の電車通勤です。

ウコンは紀元前600年の古典文献(アーユルヴェーダー;「生命科学」の意味。五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療を記した文献)に血液浄化剤、健胃剤として記載されています。漢(紀元前202年~200年)の時代、中国の医学者間でも、ウコンは霊芝や高麗人参と共に上薬として分類され、沖縄では昔から二日酔いに効果がある民間薬として利用されて来ました。NCカレー使用の醗酵ウコン(沖縄産ウコン使用)は食物繊維やミネラル類が通常のウコンよりも豊富で、味にえぐみの少ないことが特長です。

カレーの食習慣を持つインド人はアルツハイマー病発症率が米国人の約4分の1とも言われており、各スパイス類は健康に資する種々の効用を有しております。NCでは20種類ものホールスパイスを自ら挽き、数種類のハーブ、10種類の野菜をふんだんに用いて丁寧に作り上げた独自のヘルシーカレーです(何れも国産高品質の野菜、鶏肉&牛肉のみ使用)。また、カレーと自家製おつまみ類、お味噌汁に化学的な添加物を使わずに調理しています。素材の味わいを生かす“和食文化”を重視、尊重しています。

さらに、栄養バランスを勘案し、2種類の煮干しで出汁をとり、醗酵食品の代表的なお味噌(長野県の山吹味噌;無添加)を用いたおみそ汁、栄養価の高い豆苗入り野菜炒め、ならびに無糖のヨーグルトがカレーセットの中に含まれています。なお、これらの醗酵食品や野菜の食物繊維摂取は腸内環境改善に有効であり、種々の疾患予防、そして身体の免疫力増強も期待されます。

国内では子供たちへの食育を啓発することが重要視されていますが、美味しさと楽しさ、そして判り易さも加わることで、より食育が浸透し易くなると思われます。なお、食育は子供からお年寄りまで幅広い年齢層に必要な概念です。栄養バランスを重視した独自のカレーと相性の良い玄米を美味しく食べて頂き、そして楽しんでもらえるようなお店創りを目指しています。結果として、微力ながらも真の意味での食育啓発と生活習慣病の予防につながって行くことがNCカレーの願いです。

カレー+玄米・野菜炒め・みそ汁・ヨーグルト ⇒ 栄養バランスの良い“和食文化”的な食習慣啓発
 日々、マイペースで歩く習慣を奨励
 玄米食で食べ物をよく噛む習慣を奨励
カレーの辛さ(甘口・中辛・辛口)を希望頂けます
素材の味わいを生かし、化学調味料不使用
野菜、鶏肉、牛肉は国産 ⇒ 安心・安全
手作りの特製おつまみ類(和風煮物など)
デザートは岡山の特製蒜山アイスクリーム
こだわりの豆使用のハンドドリップコーヒー