ミュンヘン工科大の学生さんらのご来店

2、3日前にドイツのミュンヘン工科大学の学生さんが4人で弊店を訪問しました。彼らはspace elevatorの研究者で日本のコンテスト(先週、水戸市で開催)で優秀賞を受賞したと話してくれました。彼らと英会話で盛り上がり、楽しい一時でした。4名ともカレーは勿論のこと、野菜炒めもお味噌汁もきれいに完食し、大変喜んで帰られました。

 

超高齢社会が直面する現実

普段も千客万来には程遠い状況ですが、一昨日、昨日と特にお客様のご来店が少ない日が続きました。そんな折、昨日の黄昏時に80代前半位のおばあちゃんがお独りで来店しました。お話を伺ったところ、カレーを食べに来た訳ではなく、近隣のリハビリデイサービス施設を週2回ほど利用しており、通常はスタッフが車で自宅まで送ってくれるが、今日はスタッフ不足のため、施設利用後、送り届けて頂けず、あちこち歩き回って道に迷ってしまったとのことでした。さらに詳しい事情を聞いたところ、認知症を患っており(軽度認知障害?)、指南力低下もあり、自宅に帰る方法が判らなくなったそうです。店舗前でタクシーを止めるまでの数分間の僅かな時間でしたが、店舗内で温かな緑茶を一杯飲みながら、おばあちゃんは嬉しそうに生まれ故郷(山形県)や旦那様の話題などを語ってくれました。「機会があったら、いつか旦那様とカレーを食べに来てくださいね。」との店主の問い掛けに、おばあちゃんはニコニコ微笑みながら静かにうなずきました。またしてもほのぼのとした幸せ感を覚えたひとときでしたが、一方では超高齢社会の我が国が直面する切実な問題を考えさせられた1日でした。

幸せ感に満ちた土曜日

昨日の土曜日、お二人の常連さんから嬉しいコメントを頂きました。20代半ばの男性は「健康志向の飲食店は色々と健康に良い食材をアピールするが、料理が美味しくない場合が多い。NCカレーさんは、身体に良いのみならず、どのメニューも美味しい。お味噌汁も素晴らしい。そして、カウンター席が独りでも気を遣わずにゆったりとくつろげる点が良い。」対し店主は「身体に良いのみならず、美味しいことは必要条件、さらにお客様が御一人で来店しても余計な気を遣わず、ひいては楽しいと思えるようであればと常に考えています。」もう一人、20代前半東京芸大大学院生の女性は「カレーも美味しいけど、野菜炒めが郷里の母が作る味と同じ感じ!母には1年も会えていないので、懐かしさがすごく込み上げて来ます。」とのややしんみりとさせる感想。「弊店の野菜炒めは店主の亡き母から教わったものです。気に入って頂き、とても光栄です。」と返しました。何だか幸せ感に満ち溢れた土曜日でした。

 

基本を忘れないこと

またまた最近ご利用頂いた外国人のお客様に関する話題です。イタリアから観光で来日された20代後半のカップルはお二方ともチキンカレーを召し上がり、「イタリアでもカレー店はあるものの、こんなに美味しいお店はない。」と絶賛頂き、カレーは勿論のこと、野菜炒めもおみそ汁も完食されました。一方、フランスからの同年代のカップルはカレーについては高く評価くださったものの、秩父の源作印赤ワインを冷やしたまま提供したところ、「フランスでは赤ワインは、あまり冷やさずに飲んだ方がより美味しく飲めるということが常識なので、その点は配慮されるべきです。」とのやや厳しいコメントでした。本件については、赤ワインのいろはを忘れており、本当にうかつでした。大きな反省点です(ただし、ボジョレー・ヌーヴォーに関しては10~12℃程度に冷やして飲んだ方が飲み頃のようですが)。

仏ボルドーから来店のお客様

昨日、フランスのボルドーから観光で来日されているご夫妻がお見えになり、奥様は牛すね肉&野菜ぽかぽかスープ、ご主人は牛すね肉カレーを召し上がり、秩父の源作印赤ワインで乾杯され、ワインもお料理も大変喜んで頂けました。また、店主の趣味である漫画(イラスト)と一輪のお花をプレゼントしたところ、奥様は涙を浮かべるほど感激されておられました。一人一人のお客様に喜んで頂けることこそ、自分にとっても一番嬉しく、また有難いことです。

 

新メニュー「特製和牛すね肉&野菜ぽかぽかスープ(1日限定5食)」

新メニューを創りました。「特製和牛すね肉&野菜ぽかぽかスープ(1日限定5食)」です。10/21の土曜日、常連の超グルメ男性客(50代の頃の故・高倉健さんに風貌がそっくりの方です)に試して頂いたところ、「これは、他にはない、すごい!」と絶賛しておられました。今冬はラニーニヤ発生で寒くなる可能性があります。是非、お試しください。

 

健康寿命を延ばすには?

昨夜、知人の男性が馬頭琴で著名な奏者とその関係者の方々を引き連れ、6名で弊店を利用頂きました。知人男性は現在80歳半ばですが、毎日8千歩以上歩かれ、俳句をたしなみ、コンサートにも出向き、実に活動的です。氏はおそらく100歳位まで元気でおられるのではないかと思います。なお、弊店ではワインを飲まれ、おつまみ、カレーセットを20代の若者のようにもりもりと食べておられました。健康寿命を延ばすには、氏の生き方が大いに参考になると思いました。

開店5カ月経過

根津にNCカレー店を5月9日に新規オープンしてから早いもので、もうすぐ5カ月経過です。オープンして暫くはカレーの味が不安定で悪戦苦闘の毎日が続きました。このところ、ようやく本来の味で調理できるようになりましたが、大量生産し難い独自のカレーということもあり、本当に苦労しました。オープン当初ご来店頂いたお客様方には期待外れのカレーを提供してしまったことも少なからずあったであろうことを猛省しております。また、NCカレーは健康志向を前面に出していますが、己の価値観をお客様に押し付けていた面も反省点の一つです。学生時代、ニール神父さん(Neal Henry Lawrence)という偉大な方に出会い(私自身はクリスチャンでないどころか、ごく普通の俗人ですが)、毎週英会話を学んでいました。ニール神父とは長いお付き合いでしたが、聖書を読みなさいとか、そういったご自身の宗教的な価値観を強要したことは一度たりともありませんでした。しかし、逆に氏の生きる姿勢にはいつも感銘を受けたものです。今後、NCカレーの理念をお客様方にさり気なくご理解頂けるよう、より一層精進を重ねたいと思います。

新メニューの「特製和牛すじカレー」

常連のお客様が新メニューの「特製和牛すじカレー」を試し、「これは凄い!」と絶賛され、大満足でお帰りになられました。一期一会、一人一人のお客様に喜んで頂けるよう、常に全力でおもてなしをする覚悟です。

 

谷中在住の外国人お客様

先日、日本在住の外国人(30歳位の男性で翻訳家)の方がお見えになり、小林牧場のチーズ盛り合わせとチキンカレーセットを注文されました。とても気に入って頂けたようで、次回は奥様(チーズの研究者)も連れて来たいとのことでした。近隣の谷中にお住まいなので、常連のお客様になって頂けそうです。